読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<注意>排便の話なので食事前は厳禁

FROM 相模大野の自宅

 

f:id:seitaishouten:20161223004534j:plain

 

慢性腰痛専門整体院 湘天-SHOUTEN-

院長の天谷浩彰です。

本日もブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

 

 

今日は、2/3ということで節分ですね。鬼は外、福は内と幼少期は親しまれていましたが、

いつの頃からか、急に恵方巻きという言葉が一般化して、

巻物をその年の恵方を向いて食べる方が主流になってきていますね。

 

 

 

そもそも、恵方とは歳徳神という神様のいる場所を指しています。

歳徳神はその年の福徳(金運や幸せ)を司る神様の事で、

年徳、年神様、正月様などとも呼ばれるそうです。

 

 

 

かつては、節分の恵方巻きを食べるときだけでなく、初詣も恵方の方向の神社に参ったり、初めての事を行うときは恵方を向かっていったそうですよ。

ということは、神社はある中心から24箇所あるんですね!!規律がありますね。

 

 

 

てなことで、節分のプチ情報をお話しした後に、

腰痛を改善するためのヒントやアイデアをお届けします。

本日は、腰痛に伴う痺れに関して、お伝えしたいと思います。

 

 

 

痺れは改善しないと思われているあなたは、是非この部分を見てみてくださいね。

痺れの原因は色々なところがありますが、『足』の状態が悪ければ、無意識に行なっている歩行時の異常な入力が腰、膝、首に入り続けることになります。

 

 

 

その異常な入力が継続的に入り続けて、ある閾値を超えると痛みや痺れが発生します。

ではどんなところをまず触ってみればいいのか、、、、

 

 

動画でお話ししていきますね。

ミネラルファスティングによる排便の話がほとんどですが、、、、

 

 

https://youtu.be/MoiJcXJtOjY

 

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

慢性腰痛専門整体院 湘天-SHOUTEN-

神奈川県藤沢市湘南台1-14-16 イーグル湘南207

院長  天谷浩彰

 

辛い慢性腰痛でお悩みのあなたは、今すぐに⇩に電話!!

090-1433-3587

 

このブログを見られたあなただけ限定で、

初回お試し価格、通常10,000円→1,980円

となります。

お見逃しなく!!!